August 27, 2007

今年も逃亡@ドイツ

 今年もドイツへ逃亡。本日、飛びます。

 昨年に比べ、滞在が長くなります。帰ってくる頃には、田んぼの稲も、だいぶ黄金色に色づいていることでしょう。

 でもって、相変わらず英語は話せません…(汗汗) 一応、努力はしているんですけどね。

・ニンテンドー DS えいご漬け その他英語ソフト色々。
・英語ドリル
・単語カード
・外国人と週一度話す
・電子辞書

 いまさら、慌てても仕方ないので、現地で慣れるだけ慣れるしか無いな…。

 佐野坂レポート後半は、、、もう暫く先になりそう。終わってから、もう一ヶ月経つんですね。

  

Posted by miyagi_man at 05:14Comments(2)TrackBack(0)

August 14, 2007

夏の楽しみ

02771194.jpg

 帰省先から自宅に戻ったので、ロード練へ。

 どピーカン、雲無しの晴天だった東京に比べて、奈良は夕立の雰囲気漂う怪しい雲行き。ジリジリ太陽の下でのライディングを楽しみにしていたのに、少し残念。

 案の定、空からは、雨が降り出してきた。

 走っているときの雨は、あまり良い物では無いけど、夏の雨は、少しキモチ良い。汗まみれの身体に浴びる雨はシャワーの様。

 夏の暑い中だからこそ、感じるキモチ良さといえる。

 炎天下のライディングも夏の楽しみの一つだけど、突然の雨も、夏の楽しみの一つに加えておこう。

  
Posted by miyagi_man at 23:27Comments(0)TrackBack(0)

August 10, 2007

J戦@第四戦 白馬 佐野坂レポート 前半

 明日からお盆休みに突入。3日ほど、東京の実家に帰省。

 その前に、先日のJ戦佐野坂のレポートを公開〜。

 まずは、第一弾。

 初めて佐野坂の大会に出場したのは、たしか1995年。「MTBジャパンシリーズ」が「MTB全日本選手権シリーズ」と呼ばれていた頃。
 それ以来、2回の欠場を除いて参加している事になり、思い出深い大会のひとつである。

7月28日
 昼過ぎに会場入り。常宿の駐車場にクルマを泊めて、試走の準備を進める。一応、晴れてはいるものの、時折、大粒の雨が落ちてくる。

 試走時のタイヤは、いつもの組み合わせ「パイソン&モスキート」。

「何年経とうが、走る土は変わらないからね…」

 とは、約1年ぶりにMTBレースに復帰した親友の言葉。

 長い登りで体力を消耗しない様に、そして、下りは少しづつ、速度を上げて、忘れていた下りの感触を思い出させる。合計3周回の試走を終えて、コースオフ。
 その後、近所の青木湖まで、クールダウンに出かけて、この日のメニューを終了。

 タイヤの選択が悩ましい所だが、夜半から雨の予報が出ているため、コースコンディションは、若干のマッドが予想されるため、フロントタイヤをIRC ミブロ2.1へ変更、リアはユッチンソン・パイソンのまま。この組み合わせが、今の自分のライディングスタイルにとって、最も有利に働く筈…というか、昨年も、いや、前回の富士見もこの組み合わせだったような…。

7月29日
 朝5時起床。窓の外は一面真っ白け。朝もやが凄い。路面コンディションは、やはりセミウエットだろう…などと冷静に分析しているような、していないような、眠い頭で淡々と準備を進める。
 6時過ぎに会場に入るが、結構、混んでいる。いつもテントを立てる駐車場は既に先客で一杯。仕方なく開いているスペースに駐車。

 今年3戦目となり、ようやくレース前の準備の手順に慣れてきたのか、箱舘山の時のような、慌しさも無く、着々とスタート前の儀式を進める。

 レースは、スタート前、そしてレースの週や日常を含めて準備をする事が、如何に重要かを、改めて感じた。要は、常に行動の中心に「試合」を持ってこれるかが大切という事。

 1時間半前、青木湖方面にアップに出かける。緩いジープロードを登って体調を確認。やや脚に重さを感じ、ダッシュ後の乳酸回復が遅いような感じを受ける。
 もしかすると、昨日の試走で、思いのほか、踏みすぎていたのかもしれない。そんな事を思っても後の祭り。大切な目の前の試合で、最善を尽くせる方法を考える。

 アップを一通り終えて、テントに戻り、SPORTS BALMを再び脚にすり込み、回復を促すとともに、スタート直後の激坂のパワークライムに備えて、刺激の強い「イエロー2」を使用。

 これで、スタートまでの準備は万端。補給ボトルを準備して、召集に向かう。

 つづく…

 

  
Posted by miyagi_man at 23:55Comments(0)TrackBack(0)

August 06, 2007

dffbbe1d.jpg

 夏至を過ぎて、心なしか日が短くなるのを感じる様になりました。

 セミの声を聴きながら、陽炎揺れる峠道を、水をかぶりながら駆け上がる…。登りきったピークでコーラーを一気に飲み干す。

 そんな夏のライディングも、あと何回できるのかな〜と思いつつ、今日は走りました。8月は残すところあと3週。お盆休みも有るけど、天候や、休日出勤などを考慮すると、実は数える程しか無いんですねぇ。

 ライディングも一期一会。

 走れる機会と、走っていると時の喜びを、しっかりとかみ締めながら、ペダルを踏む今日でした。

 川沿いの道に出ると、涼しいなぁ…嗚呼、日本の田舎!

 そんな訳で、佐野坂のレポートは走りに出かけて、まだ書けていません。今週中にはできるかな…?

  
Posted by miyagi_man at 00:14Comments(0)TrackBack(0)