October 06, 2007

サンダーボルト エンジニアリング

8d99a607.jpg

 富士のF-1が終わって、1週間。

 恐れていた霧が、レースに大きな影響を与えまた。やはり富士F-1は鬼門なのか…。

 オイラが、F-1中継を欠かさず見ていた頃のルール、意識だったら、間違い無く「中止」という判断が下されていたでしょうね。

 NOB-T殿。やはり「赤ペガ」には敏感ですねぇ…

 写真のKITは、

「SV 01改」 イギリスGP優勝車 
「SV 11」 日本GP優勝車      

 以上「スタジオ27」製、20分の1 レジンキットです。この他にも、高橋国光仕様とかもあります。
 レジンと、一部メタルパーツですけど、TAMIYAのGPコレクションを作れれば、問題ありません。いや、NOT-Bに不可能は無い筈です…。

 小さい箱は、結構珍しい、43分の1スケールの「SV-01改」。←「WAVE」というガレージキットメーカーから出ていました(多分今は絶版)

 うめぞ殿。この前電話で教えて貰ったこと、凄く参考になりました(^^)
>実家の改装に伴う荷物の整理の過程で、親に赤ペガを捨てられました・・・・
 オイラは、友人に貸した「F」を何故か捨てられました。

 「だって要らないから、貸してくれたんじゃないの?」

 おいおい、「貸す」のだから、「返せ」よ。

 それから10年後の元旦、茨城の荒川沖駅前の古本屋で、偶然にもフルセットで売られていたのを見つけたので、即買いました。

 それにしても、サンダーボルトエンジニアリング、1シーズンで3台ものマシンを、しかも、スポーツカーノーズから、いきなり、ウイングカーに進化しちゃうんだから、開発量力と資金力は凄ねぇ。流石、成金バートン。

 

  

Posted by miyagi_man at 23:00Comments(2)TrackBack(0)