December 29, 2010

忘年会

468935e1.jpg
シゴト収めの本日、就業後に地味に忘年会。

会場には、カラフルな石が壁に打ち付けてあり…

メニューは、この石を、ある規則に則って伝ってゴールを目指すコト。


と、云う訳で忘年会会場は「クライミング・ジム」でした。
http://hp-cms.jp/aogaki/

この「忘年会」に参加したメンバーは皆クライミング初体験。


ジムのオーナーさんが親切に指導してくださったお陰で、何とか3m程の壁を登るに至った。


クライミングといえば、何故にあんなオーバーハングで逆さになって壁に張り付いていられるんだ??と疑問であり、腕力ありき!と思っていた。

しかし、実は脚を上手く使うコトで腕をセーブするコトが出来るんですねぇ~。


夢中になって壁を這っていたら、あっと言う間に3時間が過ぎていた。


インドアクライミング、これ、ちょっと楽しいかも♪


  

Posted by miyagi_man at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

December 22, 2010

冬アイテム 其の弐

fa0f1e1b.jpg
オイラの手はデリケート。

一日何度も強烈なケミカルを触っては、洗い、触っては洗い…を繰り返すこと20年弱…

そろそろ、お肌の曲がり角を迎える3●歳。
寝る前のお手入れが欠かせません。寒いこの季節は、なおのコト。


最強のハンドクリーム「アロエ軟膏」をすり込んで、手袋をして、お布団へ…



そして翌朝、手袋を取れば白魚のような指先に…

  
Posted by miyagi_man at 00:11Comments(0)TrackBack(0)

December 19, 2010

山ライド@ご無沙汰


関東の山で知り合い、その数年後、奈良は●田山で運命(?)の再会を果たした友人と、約2年ぶりのライド。

2年といっても、何だかつい先日会ったかのようで、月日が経っているのを感じないのが、自転車仲間の不思議。



都合約3時間、快適な尾根道から、度胸一発!のセクションまで、まんべんなく走り、最後はインド人シェフのカレーでしめくくり。
http://www.minnanominami.com/contents/santana/naraindia_setmenu.html


途中、体力の衰えは上半身から来るものだ。と悟り、MTBライドにおける上体・体幹の重要性を再認識したり、登りは錆付いてしまったオイラだが、下りはまだまだイケそう(← イメージにカラダが付いてくる)と感じたり。


それにしても、山はエエ♪


ちなみに、余りにも走りに夢中になり、写真を撮るのを忘れてしまった…(汗)



  
Posted by miyagi_man at 22:49Comments(0)TrackBack(0)

December 18, 2010

じてんじゃ

-------------------------
手はしっとして足あげて

からだの平均よくとって

勢いはげしく坂くだりゃ

風邪がおこって吹きすぎる


速さがずんずん速くなる

心臓がどきどき速くうつ

うれしくなってぼくはいう

鳥よごらんよぼくも飛ぶ


こういう気持ちがきみたちの

よろこびなのか それならば

ぼくは小さなこどもだが

そのよろこびを知っちゃった

こんなに気持ちのいいことが

またとこの世にあるだろうか

すうすう滑るスケートも

これにはとうていかなわない

やがて速さがおそくなる

空行く舟に乗ったよう

とうとうずっとのろくなり

ぼくは足をば地につける

-------------------------

小学校の何年生だったかな…?
初めて、自分のじてんしゃを手に入れたとき。
一日中、坂道を登っては下り、登っては下り、もっと、もっとスピードが出る坂道を探して走り回っていた。



本日、わが息子のクリスマス発表会のために、足を運んだ保育園。ふと入った教室の壁に貼ってあった、一つの詩。

初めて、じてんしゃに乗ったときのコトが走馬灯のように駆け巡った。

大人になってから、スポーツとして「じてんしゃ」を始める人もまた、こんなキモチになるんだろうな…きっと




が、しかし…

別の教室に貼ってあった、訓。

「蛙の子は蛙」

これは判るが、

「及ばぬ鯉の滝登り」

うーん…保育園児がこれを悟るべきか…(悩)

101218 076 re101218 040 re  
Posted by miyagi_man at 23:13Comments(0)TrackBack(0)

December 17, 2010

冬アイテム

9ec88a29.jpg
体調も何とか戻りつつ、自転車通勤も再開した今日この頃。

が、しかし、とても寒い…

盆地・奈良は朝昼の気温差が大きい。さらに拙家は、やや高台にあり、走り出すと、直ぐに下り坂…



そんなワケで今年もコイツの出番がやってきた。


「ZIPPO ハンディウォーマー」
http://www.marukai.co.jp/zippo/handy_warmer.php

オイルライターの代名詞ZIPPOのオイル式カイロ。

ZIPPOオイルを付属の注油カップ1杯で12時間近く温かさを保つスグレモノ。


シゴト中は寒い寒い倉庫の作業場で手先暖めて確実な作業を。
ライドの時は背中のポケットに忍ばせて、腰を温かく…休憩中はかじかんだ手を温めてくれる。


何よりスバラシイのは「使い捨て」では無いこと。
さらにZIPPOは不偏のブランドなので廃れるコトはなさそう。


ちなみに、朝方にヒートさせたウォーマーは、今でも微妙に暖かいぞ。





  
Posted by miyagi_man at 23:37Comments(0)TrackBack(0)

December 08, 2010

嗚呼、すばらしき 無駄の世界。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20101208-00000001-diamond-bus_all


ありとあらゆるこの世の生き物は、種の保存と繁栄という、重大なミッションを行うために、只、黙々と生きている。そのミッションのためだけに。

が、しかし、一部の生物は、他にない高度な活動を行っていると思う。それは「遊び」ではないか。

そう「遊び」は人生にとって、スパイスであり、酒ともいえるもの。



「遊び」は、人間が持つ高度な活動の一つであり、その活動を通じて大いなる刺激を感じ、活気ある人生を送ることができる。



「遊び」は生き物がこの世に存在し続ける為のミッションには、まったく持って不要であり、まさに「遊び=無駄&浪費」であることは間違いない。


しかし、豊かな感情を持つ事を許された「人間」がこの「遊び」という機能を生かさない(使わない)のは、何とも勿体無い話ではないか。


30才台半ばの若輩者のオイラが語るコトではないけれど、オイラは悟った。


無駄と浪費、多いに結構!!

無駄なコトこそ楽しく、カラダに悪い食い物ほど旨い!!



この無駄&浪費を楽しめないなんて、何だかとても気の毒に思えるのは、オイラだけだろうか…??  
Posted by miyagi_man at 23:20Comments(2)TrackBack(0)