January 30, 2011

即席で…

追い込みCyclo練習。

関西Cycloのマスターズで活躍している方のお誘いにお邪魔させていただく。

たくさんのクロシストが集まった練習は刺激的。

ホント、久しぶりに肺胞潰した感じが心地よい。


本来は、ベーストレーニングを積んだ後に、追い込む練習をするのだが、レースは来週末なので、悠長なコトを言っていられません、、、

ある意味、Cyclo CrossのC-3、30分少々なのでベース無しの即席追い込みで何とか「走る所」までは持って行けそうデス。


そういえば、XARUジャージをご存知の方がおられ、聞けば何とMr.ヨコの旧友と言うではないか!

何とまぁ狭い世間だこと…!
  

Posted by miyagi_man at 21:58Comments(0)TrackBack(0)

January 29, 2011

分相応…

3d60959b.jpg
と云うワケでアウターは44T@シクロ車。


悩んだ挙句、交換に踏み切った。トップライダーで46~48Tだから、50Tなんぞ踏み切れれば間違いなくワールドクラス(笑)

そんなワケで、ヘタレはオイラは分相応で44Tに落ち着いた。


ホントはインナーも32T辺りにしたいんだけど、PCD110では難しそう。8~9SならPCD94で何とかなったが、10SのPCD110は、まだまだ選べそうに無い。

現時点では2×10様クランクを使う手もあるが、予算が有りません…(涙)


シクロクロスバイクは、決まったパーツの形態が無いから、ライダーの技量、メカニックの想像力で、様々なセッティングができるから、オモシロイ。
  
Posted by miyagi_man at 23:14Comments(0)TrackBack(0)

January 26, 2011

ポチッと…

押してエントリーしました。

関西Cross最終戦。


Crossは来年から!今年は里山を楽しもう…と思っておりましたが、某タイヤ職人様とのハナシの流れで急遽、エントリー。

楽しみでもあり、マトモに走れるか、不安でもあり…戦々恐々と言った感じ。


と、云うワケで、チェンリングをアウター50Tから46T辺りにしたいなぁ…タイヤもチューブラーに…

しかし、予算が…無い…(沈)


  
Posted by miyagi_man at 23:58Comments(2)TrackBack(0)

January 25, 2011

a la carte … 山ライド@京都南部

733a5029.jpgブルーに浸ってばかり居られないので、切り替えて行こう(笑)


先だっての「山ライド@京都南部」の道中。


「草むらのヒーロー」ならぬ「崖下のヒーロー」と化したドンガラ。

はてさて、このドンガラ、車種は何だ??

と言うコトでしばし思案。

そして判明したのは、歴史に名を残す名車であった。

今にも土に還りそうな見事な錆っぷりが何とも云えない郷愁をソソル。


すぐに車種が分った某店長さん、流石です…



ある部分の特徴に閃いたら…判るかな…?
  
Posted by miyagi_man at 23:06Comments(0)TrackBack(0)

気分は…

a4406e5c.jpg…ブルー。

ブルーな気分で青CHIMAY。弱ったココロに9度のBeerが身に沁みる。
CHIMAY専用グラスが無いので、GUINESSグラスで失礼しまする…



自分のチカラでは、どうにもできないコト、有りますね。むしろ、どうにもできないコトの方が多いわね…

仕方ない。


しかし、オイラは馬鹿である。

結局、自分のキモチを諦めるコトはできないだろう。



いつか、きっと、その時がくるまでは。  
Posted by miyagi_man at 22:48Comments(0)TrackBack(0)

January 23, 2011

山ライド@京都南部

本日は奈良のShopさんのお誘いで、お店に集う方々とMTBライド。



そこは夏にいちど探索に出かけたフィールドで、かなりお気に入り。


ジープロード主体で、アプローチはサイクリングロードと云うコトでタイヤもBikeも、それに合わせた仕様。むしろ、Cross車…?と言う選択も考えた。


が、しかし!!


行ってびっくり、走って驚愕!!


ウヒョ♪満開の悶絶コース♪♪


林道からアプローチし、小さな舗装のピークをやり過ごしながら辿り着いた山頂からの眺望はそれは絶景♪


いつもそうだが、普段、自宅から眺めていた山の上に立っているコトに、何とも言えない充足感を覚える不思議。


そして、サイクリングロードから見える山々を、持参した地形図で走ったルートを確認しながらの帰り道。


「ありゃ結構な山を越えてきましたねぇ~」


そんな言葉を交わしながら走れたり、コンロとコーヒーを持って走れるMTB遊びは、最高の道楽であり、最高の悦である。



いやしかし、Cross車で行かなくて良かった、とココロから思った…(笑)
CA340016CA340015  
Posted by miyagi_man at 22:50Comments(0)TrackBack(0)

答えは…

「ケリー・ケトル」

という、「ヤカン」でした。


ナニが凄いって、筒の下にある、皿に枯れ草、小枝、松ぼっくり(コレが一番良いらしい)を燃やすので、ガスや固形燃料が要らないんです。

要は山に落ちているモノを燃料に出来るというコト。

水は、上部に入れて、筒を一周する状態になるので、炎が真ん中でメラメラ燃えるから、熱効率もよく、2~3分で沸騰。


自転車ツアーだと、やや大きいかもしれないが、燃料の入手に困らない、と言う点ではGood♪

むしろ、自宅に災害用として常備したいかも。

http://imadoki.ocnk.net/
  
Posted by miyagi_man at 22:45Comments(0)TrackBack(0)

January 20, 2011

ほぉ!

50323f1b.jpg今日は終日、布目ダムでお仕事。

さてさて、このアイテム、なーんだ?
アウトドアに詳しい人なら、お分かりでしょう。オイラは初めて見て、ちょっと感動。


思わず、「ほぉ!」と関心のアイテム…ちょっと欲しいかも。
  
Posted by miyagi_man at 23:58Comments(0)TrackBack(0)

January 14, 2011

ひぃ~~~!

3c9b1dd4.jpg今朝、オイラの眼前、ホントに10数メートル先で起こった。


信号待ちで止まっていた10tトラックが左折した所に、歩道を走っていた自転車が巻き込まれた。


幸い、自転車に乗っていたオバさん(失礼)は大きな怪我もなく無事だった。


あと数十秒、先に走っていたら、もしかしたらオイラが巻き込まれていたかもしれない。

周りの人たちと協力して、巻き込まれた方を介抱しつつ、巻き込まれた自転車を引き出す。

とりあえず、オイラが最も近くで一部始終を目撃したので、警察が来るまで待機。

会社には遅刻したが、そんなコト言ってる場合じゃなかった。何せ、この手の事故は明日はわが身なのだから…


     ****************


モーターサイクルでは、右折&直進事故が多いが、自転車は左折巻き込みが多い気がする。

オイラも何度かキケンな目に遭ったコトはある。



「己を知り、相手を知れば百戦危うからず」

とは大げさかもしれないが、「キケン」は何処に潜んでいて、どんなカタチで襲ってくるのか。そして、それに遭遇しない為にはどうしたら良いのか。

少なくとも、一般人以上のスピードと機動力を発揮するスポーツサイクリストは、さらに注意が必要。

五感を総動員して(味覚は要らんか)、さらに六感を呼び起こして冷静に走ることが大切だと思う。

それにしても、誰しもが大事に至らなかったのはホントに幸い…


※写真は一応、現場証拠として撮影。
  
Posted by miyagi_man at 23:56Comments(0)TrackBack(0)

January 13, 2011

らん♪

朝はROADで出社。帰りは久々に通勤Run.


道中、見事な程に「ランナーズ・ハイ」状態でノリノリで走った。

Runに限らず、有酸素運動は、不思議~とキモチが前向きになる。

何と言うか全ての思考がクリアになって行く一瞬がある。
「スポーツ脳」とでもしておきましょうか、運動やスポーツには、やはり、何か不思議なチカラが有る。

だから、走るのは止められない。  
Posted by miyagi_man at 23:58Comments(0)TrackBack(0)

January 10, 2011

ちょっと寄り道のつもりが、、、

本日は久々の本格(?)ライド。

まずは、弱ったカラダを醒ます為に、LSD的ライドと云う訳で「山之辺の道」へCross車を走らせる。


山之辺の道は、大きく長いアップダウンが少ないのでLSD的ライドには最適。
新薬師寺付近からルートに入り、三輪神社から往復の予定…

しかし、白豪寺付近で気になる道しるべを発見。

「高円山登山口」
「高円山大文字火床 900m」

大文字?送り火の?900m??

900mならチト寄り道して登ってみよう…!
が、しかし、手持ちの5万図には載っていない道(汗)やや不安であるが、道しるべが比較的新しく、踏まれている道なので期待半分、不安半分で登り始める。

落ち葉を鳴らしながら32Cのタイヤでトコトコ登る。まもなくして乗車不能になり、Bikeを担ぐ。Cross車は軽くて良い♪

途中、要所々には道しるべがあり、枝にもリボンが巻かれているが時折、振り返って帰りの道を確認しながら登る…さらに登る…

久々のハイクアップで脹脛が焼き切れそうな感覚に襲われながらも、さらに登る…(汗)


20分程だろうか。頭上が明るくなり、稜線らしきモノが見えてきた。
そして突如、木のトンネルの前方が明るくなり、見えるのは空のみ。

この木のトンネルを抜けたら山頂(三角点の所在は別として)



そうして30分弱で辿り着いた「高円山大文字火床」、振り返えると、そこにはおよそ180度、視界を遮るモノは無い素晴らしい展望!

普通、山から下界を見下ろすと、眼前に草木があり、見えるのは遠くだけになる。しかし、ココは、足元に草木が少なく、すぐ真下に町がある。その迫力はむしろ怖いくらい。

ちょっとでも脚を滑らせたら、街まで落ちそうな感じ。


本来の目的である、「山之辺の道往復 LSD」のコトなどすっかり忘れて大パノラマを前にしばしコーヒーをすする。

いや~偶然とは言え、新年早々良い道を踏ませてもらいました。


そして下ハンを握り締めて恐る恐る下山。効かないブレーキ(←ワインマン)と細いタイヤ、オマケに低い目線がスリリング。

そして本来のルートに戻った処で、山之辺の道を南下。結局、長岳寺のトレイルセンター付近で折り返し。
都合4.5Hのライド&ハイクでした。


ちなみに、この「大文字送り火」は戦没者慰霊で奈良県出身の英霊たちを供養する式典だそうな。火を燈す「火床」(写真中のコンクリの囲い)は人間の煩悩の数、108ツなんですって。

こんど、数えてみようかな…


CA340003CA340010CA340004CA340011  
Posted by miyagi_man at 23:58Comments(0)TrackBack(0)

January 09, 2011

初 春日詣。

今年の初詣は元旦にお参り済み(←三輪神社)ではあるが、本日は地元で最もお世話になっている春日大社へ「初 春日詣」

三が日の混雑を避けてのお参りは、人混みに酔う事無く平和で良い。


さて、今年最初の運試しと言えるおみくじ。
ここ数年、鹿がおみくじを咥えている「鹿みくじ」を引くコトにしている。



昨年、一昨年は何と「まったく同じ内容」のおみくじを引き当てた(!)ので、今年はどうなるか?

ハイ、流石に三年連続同じモノでは有りませんでした。

内容は…内緒 (^^;


おみくじに書かれているコトをかみ締めつつ、近鉄奈良駅近くの、うどん屋「釜粋」にてカレーうどんを喰らう。

片栗粉の粉っぽさや変なトロみがなく、濃い甘口の汁はそのまま白飯にかけて食べたいと思わせる旨さ。


お参りも済み、おみくじも引いたので、年始の行事はこれでひと段落…の筈…?


CA340002CA340001  
Posted by miyagi_man at 23:52Comments(0)TrackBack(0)

January 04, 2011

走り初め…

240925c8.jpgなんて大層なモノではありませんが、今年初のライド。

年末の悪天候やら何やらで、約3週間(!)ぶりのライド。

今日のルートは、恐らくカラダは弱りきっているので、リハビリ程度にと、若草山へ決定。●田にしよう、と思っていたが、たぶん身体が付いて来ないと思い断念。


春日大社への参拝で大混雑の道をCross車で泳ぐように走ると、約30分で若草山山頂に到着。


しばし景色を眺めながら瞑想。


都合、1.5H程のライドでした。


しかし、フロント50×36Tはオフロードでは流石にキチー!!
  
Posted by miyagi_man at 23:36Comments(0)TrackBack(0)

January 03, 2011

改めまして…

7743e8b7.jpg謹賀新年。

正月三が日も今日が最後。

正月明けの4日から、いよいよ「日常」がスタート。

この3日間、今年一年、その後の数年、数十年…をイロイロと考えてみた。

果たして自分は、この先、何者となり、一体何を追い求めてゆくのか。

まぁ求めるモノや理想は沢山あるけれれど、それは現時点において、ある意味「夢」でしかなく、「目標」とはなっていない。

様は、
「そうなれたら良いな~~♪」
的なもの。





オイラは今、過去に思い描いた夢は、多少のカタチや規模の大小はあれど、何とか現実にしてきたと思う。これは、とてもありがたいコトで、周りで支えてくれたり、チャンスを与えて下さった方々のお陰に他ならない。


今は「夢」だと思っているコトも、自分次第で「目標」として確実に捉えられるものにし、必ず「現実」にできるはず。

その為には、まだまだ自分の弱さを克服せねばならないし、さらにもう一歩を踏み出す勇気が必要だと思う。

自分に対して、
「信念」「自信」「確信」
を持って、支えてくれる仲間を、
「信頼」
すること。


年末に、今年一年を表す漢字というのが発表されるが、オイラは先に今年一年の漢字を決める。

「信」

この一文字をココロに置いて、何れ、死ぬ一秒前に後悔しないような、日々を過ごしたいと思う。  
Posted by miyagi_man at 23:41Comments(2)TrackBack(0)

January 01, 2011

アクシデント@エンスト…(汗)

6ab1b8de.jpgあけまして、おめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願いいたしますm(_ _)m


と、云う訳で何とか年を越すコトができました。何だか今年は「年越すぞ~~!」とか「あぁ…新年だ…」と云う感慨に耽るコトなく、何だかあっと言う間の年越し&新年でした(汗)

それも大晦日に突然、襲ってきたアクシデントが…!


近所のホームセンターに向かってクルマを走らせていると…信号で止まった途端、エンジンが突然止まった。

「あれ?クラッチ切ったけどな??」

エンジン再始動してスタートするも次の信号でもまたストップ(汗)どうやら、アクセルオフでアイドリング状態になるとエンストする。

「バッテリーかオルタネーター死んだか??」

と思ったが、セルはしっかりと回るし、エンジンも始動する。と、言うコトは電気系では無いと思われる。

エンジンが冷えてから始動させると、暫くはアイドリングを保つが温度が上がると徐々に不安定になり、終いにはエンスト(汗汗)

アイドリングが安定しない、と云うコトは吸気系のトラブルの可能性か…?

とりあえずエンストしない様に、信号前では早めにクラッチ切って、右足でアクセル煽って回転を落とさず、ブレーキは左足で操作。周りのクルマの流れに乗って走るコトに集中。だって、エンストしたらカッコ悪いし…



無事、帰宅。そして早速エンジンルームを開けてみたところ、エアクリーナーをはずしてビックリ!

エアクリーナーBOXの中に、乳化したブローバイが溜まって溢れそうになっていた(驚)

もしかして、アイドリング不調とエンストは、乳化したブローバイが、キャブの内部に流れ込んだのが原因??

ちなみに、もし、アイドリングセンサー(ISC)の動作不良だと、キャブ本体を一度外さないと確認出来そうにないし、部品交換もお金と時間が掛かる。さらにコンピュータが逝ってたら、目も当てられない(涙)

祈るキモチで、キャブ・クリーナーを買いに走った。



そして、元旦早々…

市販のキャブ・クリーナーを使って洗浄。(キャブのバタフライを開いてエンジン内部にスプレーする)


そして、祈るようにエンジン始動…


クリーナーが入っているから、暫くはアイドルが安定しなかったが、15分位放置したら、アイドリング時の振動も少なくなり、タコの針も踊るコト無く安定…!!


その後、試運転でもエンストの症状が出なかった。



結局、永年溜まったブローバイが原因だった様子。明日、もう一度、試走して問題無ければ、万事解決。

一時はどうなるコトかと思ったが、キャブ・クリーナー約\1000で治った(と思う)から一安心。



そんなこんなで、年末年始のサイクリストの儀式(走り収め&元旦ライド)をせずに、クルマの修理に追われた年末年始でした…
  
Posted by miyagi_man at 23:57Comments(0)TrackBack(0)