May 31, 2011

ニーハン レーサーレプリカ


http://www.aoshima-bk.co.jp/kokuchi/nsr/index.htm

4輪モデラーのオイラも、これは気になるなぁ…
公道仕様のNSRのモデル化は、もしかして初めて?

既にRG-γ250は発売されているから、TZRも出るかな?

そしたら「ニーハン 2スト」シリーズで峠の情景モデルとか作ってみたいな。


高校時代、「バリマシ」片手にNSR派とTZR派に分かれて、なにやら熱い議論が交わされていたのを思い出す。


オイラは、バイクには乗らない(←免許が無い)けれど、RothmansカラーのNSRがとても好きだった。


あの頃は、レーサーレプリカを街中でも沢山見かけたなぁ…

今は殆ど見なくなりましたね。


憧れのレーサーレプリカに乗る優越。


こんな時代が再び、訪れたら良いね。


環境問題やら少子化やら、イロイロあるけれど「憧れ」の無い世の中なんて、ツマラナイからね。


それにしても、RothmansカラーのNSR、カッコ良すぎ…(萌)

  

Posted by miyagi_man at 23:59Comments(6)TrackBack(0)

May 30, 2011

今週末は…


J戦は富士見大会なんですね。

実のところ、今期の参戦は全くの白紙となりました。

別にカラダの具合も悪くないし、家的にも何ら問題は無い。

ただ、少なくとも夏までは参加を見送るコトになりそう。なのでココロの故郷、白馬大会も参加は無理っぽい…

何とか9月以降にはエントリーできるよう、願いたいモノだ…。

 

Raceは単なるコース上での速さ比べではない。日々の生活や環境、シゴト、ありとあらゆるモノがRaceでのパフォーマンスに現れる、と思っている。


まずは、フィットネスレベルを落とさぬよう、いつでもスタンバイできる身体を維持するコトを怠らないようにしよう…

  
Posted by miyagi_man at 22:56Comments(0)TrackBack(0)

今週末は…


J戦は富士見大会なんですね。

実のところ、今期の参戦は全くの白紙となりました。

別にカラダの具合も悪くないし、家的にも何ら問題は無い。

ただ、少なくとも夏までは参加を見送るコトになりそう。なのでココロの故郷、白馬大会も参加は無理っぽい…

何とか9月以降にはエントリーできるよう、願いたいモノだ…。

 

Raceは単なるコース上での速さ比べではない。日々の生活や環境、シゴト、ありとあらゆるモノがRaceでのパフォーマンスに現れる、と思っている。


まずは、フィットネスレベルを落とさぬよう、いつでもスタンバイできる身体を維持するコトを怠らないようにしよう…

  
Posted by miyagi_man at 22:56Comments(0)TrackBack(0)

May 23, 2011

うすっぺら…

…な情報が氾濫していますね。

イッパシの専門誌が、作業手順を解説するのであれば、機材の正しい使い方を尊厳しないとダメでしょ。

まぁ、そういった意図が無かったとしても、オイラみたいなのに「重箱のスミ」をつつかれる可能性をもった表現には注意した方が良いよね。

だってさぁ、
「外れなければ、延長パイプを噛ませて…云々…」
文章自体は、まぁ良いけれど、モンキーにエンパイ噛ませた写真は載せない方が良いと思うなぁ…

顎、割れて怪我するよ(笑)


昨今、様々なメディアが発達したお陰で、欲しい情報が、すぐに手に入れられるようになった。
むしろ、雑誌のライターさんや、そのスジの専門家よりも「弁の立つ素人さん」が支持されるコトもある。

また、情報を求める人は、無意識ながら「自分なりに想像している回答」を探しているのではないか。そしてその意見と自分の意見が一致すれば、一安心、という塩梅。

結局のところ、これでは「表面上だけ」のコトしか得られない。


なぜ、どうして、そうしなければならないのか。

ホントは、これが、一番大切なコトなんだけどね…


オイラもカタチだけ模倣して「できた気」にならぬよう、もっと、もっと深く、深〜く理解できるよう、精進しよう…
  
Posted by miyagi_man at 23:11Comments(2)TrackBack(0)

May 22, 2011

Ride@雨上がり


昨日は月イチの整体治療。

このところ、左膝の外側に痛みがあり、それは大臀部までのシビレになっていた。

余程、ナニか言われるかとおもいきや…

「先月の左膝のハリも無いし、腰もエエ具合や

ちょっと、拍子抜け…(汗)


もしかしたら、1週間ほど前からROADのクリートを外側へ2mmほど広げたのが良かったのか…?


身体のアライメントも良好になったので、山へRide…と思ったものの、昼前から、暴風雨…(涙)

しばし、自宅待機。

夕方前から、天気が回復、2時間位なら走れそう。

先だってのリアユニットのセットアップもあるので、迷わずMTBでのRide.

雨上がりなので、ジープロード主体の若●山を目指す。30分ほどで山頂に到着。ここに来るのは、昨年8月末以来の事。

Zag:5mm
PPD:ON/3
Tire:HUT COUGAR TLR  F&R共に1.8気圧

以前は、ロングクライムでは、Rサスを完全にロックアウトしていたが、新しいユニットは、概ね良好。

力任せに「雑」なペダリングでは多少のボビング感があり、失速を感じるが、正しいペダリングを心がけていれば、しっかりと登ってくれる。

これは、アプローチの舗装路でも同様だった。


Bikeの動きに神経を通わせながら山頂を目指していると、辺りはモヤが立ち込めてきた。雨上がりならでは、の様子。


山頂は観光客と鹿で賑わっていた。ちょっと離れた静かな所しばし瞑想。
CA340004









ドライブウェイからR369を経由して、自宅裏へ抜けるTrailを下って終了。約1.5HのRide.

途中、集落にある田んぼでは、既に田植えを終えて蛙がゲロゲロ啼いていた。雨に濡れた新緑に夕暮れの陽射しが反射している様は、正に「日本の田舎」そのもの。

ホントに美しい。
CA340005

 







天気予報を見ると、来週末から天気が良くない…もしかして、もう梅雨?

入梅前の、スッキリ晴れた空の下で、もう少しRideしたいなぁ。

ROADとMTB…それぞれ1日ずつ…

  
Posted by miyagi_man at 23:44Comments(0)TrackBack(0)

May 20, 2011

おぉ!@LeMans

b8919405.jpg

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110520-00000044-rps-moto
一瞬、Raceに復帰かと思った…

あれから、もう20年も経ったなんて信じられないな…。
中継のTVで、
「日本のMAZDAがトップを走っています!」
との声に、飛び上がったのは、ついこの前の様な気がする。
JSPCではNISSANとTOYOTAが、PORSCHE相手に戦う様子こそ華やかに感じたが、黙々とLeMansを見据えていたからこそ、MAZDAはLeMansで大輪の華を咲かせるコトができたんだろうね。
何事も、経験に勝るモノは無いと云うコトですな。


で、こっちは、本チャンのRaceに復帰とのこと。
http://response.jp/article/2011/02/12/151782.html
エンジン供給だけですけど。

でも、MADE in Japan がLeMansを走るのは、何だか夢が有る。高斎正著書の「ニッサンがルマンを制覇する時」が現実にならないかな…(妄) 


それにしても、バブル期に、日本勢が大挙したのが懐かしいなぁ…

イロイロと風当たりの強いモータースポーツだけど、やはり、Raceあっての技術進歩だと思う。いくらコンピュータが発達しても、Liveでの経験やデータに勝るものは無いと思う。

また、現場で動かした「手」と「頭」がなければ、次の世代の人材も育てられないんじゃないかな…なんと言うか机上の理屈よりも、体験した人の言葉にこそ、深さがある。

 

自転車もクルマも、Raceあっての進化。

日常もまたRace.

  
Posted by miyagi_man at 23:58Comments(0)TrackBack(0)

May 15, 2011

四方山 週末…


雨模様が続いたせいなのか、チョイと風邪を召したようで、先週木曜辺りから、咳と痰に悩まされていた。

天気も良く、気温も上がり、入梅前の貴重なRideの時間だったが、大事を取ってRideは自粛…(涙)

その甲斐あってか、咳もだいぶ治まり、痰も朝に「黄色いの」が出るものの、細胞達の戦いも終わりに近づいている模様。

 

そんなワケでRideをしなかったこの週末は、

土曜:
関西のラーメン好きの間では知らぬ人はいないであろう、有名店「無鉄砲」で昼食。
http://www.muteppou.com/

CA340004どちらかと言えば「家系(いえけい)」と呼ばれる類が好きなオイラは、本来、こってりスープはちょっと苦手だが、無鉄砲の少しドロッとした、こってりスープはイケる。

自宅から歩いて行けるのは、何とも有難い…


日曜:
わが子を背中に背負って、BMXに跨り、お買い物。路面の振動が伝わらぬよう、膝と腕を使ってのRideは、有る意味、良い練習になったかも。

そして、夜には気休めの3本ローラー 40分ほど。
負荷ナシの高ケーデンス練。

先だってのHRM解析で解ったのは、出力的には、悪くないが、ケーデンスが低く「踏み」に頼った走りをしている、ということ。

ここから、走りの質を上げるのならば、ケーデンスをもう一度見直す必要がある。

また、200rpmをキレイに回せるように、精進…精進…。

CA340007
















来週こそ…京都南部のTrailに出かけたいな…

  
Posted by miyagi_man at 23:30Comments(0)TrackBack(0)

May 11, 2011

Risk…

カサルテッリの事故から、15年近く経った今、改めてこのスポーツの持つリスクを思い出させてくれた気がした。

 


オイラが初めてスポーツサイクルの世界に脚を踏み入れたのは、確か中学生の頃だから…かれこれ20年以上前。(それ以前は改造ママチャリ…)

その間、イロイロなアクシデントに遭遇しながらも、幸い大事には至らず、今もこうして、Rideを楽しんでいる。


でも、スポーツサイクルの世界に身を置く以上、このスポーツが、いかにして危険なモノであるか、改めてキモに命じておく必要がある。

http://blog.livedoor.jp/miyagi_man/archives/2010-08.html
↑昨年、ちょっとBlogで綴ってみた。


RideやRaceのリスクは自分自身だけではなく、自分を必要としてくれている人、大切に思ってくれている人も背負っているのかもしれない。
何事もなく、家に帰るコトが、どれだけ大切なコトなのか、思い知る。絶対に無事で帰らなければならない。

 


それでもリスクを恐れず常に限界に挑み続けるのも、スポーツの宿命でありロマン。もし、ロマンを追い求めるのであれば、この言葉を常に頭のスミに入れておこう。


「レースは100%の力で走るな。なぜなら安全マージンが必要だから。安全マージンがあってこそレースでの勝利に繋がる」

日本のモータースポーツの歴史に残る英雄、生沢徹のポリシーのひとつ。

オイラは、この言葉は、ナニかに「勝つ」為には100%の力だけでは勝てない、と解釈している。

120%の力!完全燃焼〜〜!と燃え上がる前に、

相手が100%の力ならば、それ以下の力で打ち負かせる「懐の深い強さ」を身に着けよう。そうすれば、予期せぬ状況にも柔軟に対応できる、すなわち安全マージンを得つつも、ライバルを上回るチカラを発揮できるだろう。


とにもかくにも、我々は、このスポーツの持つ「素晴らしき世界」とともに常に危険と隣り合わせであるコトも、また伝えてゆかねばなりませんね…

  
Posted by miyagi_man at 23:58Comments(0)TrackBack(0)

May 09, 2011

走らないコトには…

CA340005

前に進みません。当たり前ですけど。


この上ない自転車日和だった、先週末はRideをしなかった。「勿体無いオバケ」が出そうな気もしたが、ちょっと気乗りしなかった。


が、しかし。
止まっていては、いつまでもそのまま。走れば走っただけ、前に進む。


そんなワケで「ノリ」の悪いカラダに鞭打って、帰りに峠をトータル800mアップ。都合約40kmを1.5時間強。


悪い時は、悪いなりの走りの中で、自分の理想とする走りを追い求めれば良い。フィジカル、メンタルも走ることで光が見えることもある。


HRMの走行データをみる限り、フィジカル面の向上は収穫ナシ。しかし、多少なりとも、メンタル的な収穫は有ったと思う。


走らないコトには、何事も前には進みませんねぇ…!


  
Posted by miyagi_man at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

May 05, 2011

新幹線の運転席にはSHIMANOパーツが…


世界を制したSHIMANO.

自転車だけではなく、なんと鉄道業界にも進出。

日本が誇る高速列車、新幹線の運転席にはSHIMANO製のコントローラーが装着されている…


ハイ、これ、油圧シリンダで動く遊具に取り付けられていた部品でした。
しかし、こんなトコロで、こんな部品に出会えるとは…(笑)




そんなワケで、コドモの日の今日は、地元の百貨店をハシゴして、わが息子の接待。
某モールで開催されていた、Nゲージのレイアウト運転を見てご満悦。相当、気に入ったらしく、帰ろうとすると、暴れる始末…

仕方ない…近いウチに母上様に頼んで買って貰うしか無いよねぇ…わが息子よ…。まずは、とーちゃんがレイアウトを作るから…。


その後、夕方に帰宅してROADで八伏〜大柳生〜岩船寺〜浄瑠璃と1.5H強のライド。夕焼けの峠を下るのは何ともキモチが良い。


GW三連休は今日で終了。明日あさっては出勤。日曜はMTBで新しいセットアップをイロイロと試したいな…

CA340012CA340010  
Posted by miyagi_man at 22:55Comments(3)TrackBack(0)

May 04, 2011

山ライド@セットアップ

78e883e5.jpg
GW終盤にして、ようやくRide.

昼過ぎに自宅を出発して、いつものTrailへ。

交通量の多い道を避けるべく、裏道を探しながらフィールドを目指す。
その甲斐あってか、アップダウンも少ない近道を発見。これは今日の収穫。


まずはFOXのユニット。
いままでのユニットは、コース状況に合わせてロックアウト機能を駆使していた。
ロックアウトのメリットとしては、完全にロックされるからダッシュ時の「かかり」が良くキレのある加速ができる。
デメリットは、シャフトが伸びきった状態でロックされてしまうから、常にBB位置が高い状態(OIZではBB下がり3mm!)で走ることになる。

したがって、ロックアウト時は重心が異様に高く、挙動が不安定。


そこで、プロペダル搭載のユニット。
完全ロックアウトはできないので、加速時のダイレクト感は無くなるものの、ペダリング時のムダな動きを抑制してくれるコトでカバーできそう。さらに、サスが常にストロークしている状態なので、BB位置も走行時の想定内に収まるから、常に安定した挙動となるハズ。


次にタイヤ。
HUTのメーカー推奨とは逆に装着。これで他の一般的なMTBタイヤと同じ方向になった(笑)
Front:進行方向にハノ字
Rear:進行方向に逆ハノ字



そして、その感想…
FOX.
OIZに限って、さらにオイラの好みで言えば、通常のXC Rideであれば、プロペダルON(3)が好感触。
もちろん1〜2にすれば、身体もラクチンになるが、上り返しの立ちコギや、加速では、やはり多少のモタツキを感じてしまう。Raceであれば、自分の考える勝負所を見極めてセットアップすれば良いだろう。

今回は、シャフトストロークを早々に使い切ってしまったので、次回はAIRをもう少し上げる予定。


タイヤ。
Frontの直進安定性が向上した感じ。サイドグリップはオンザレール感は薄くなったものの、流れ出しは掴みやすく、良い感じ。極めてオイラの好み♪

Rearは…トラクションの「かかり方」に多少の変化有り、と言ったところ。



このほか、ステム長の変更などもあり、一度にイロイロと変えてのRideだったが、全て、概ね良好。


アプローチを含めて約4時間、実りあるRideでした。
  
Posted by miyagi_man at 23:58Comments(0)TrackBack(0)

May 03, 2011

メカ日。

スカッと青い空の五月晴れ〜♪

とは程遠い曇天。しかも黄砂だろうか、近くの山さえ霞んでいる。

しかも風は冷たく肌寒い…

そんなワケで、今日は作業の日にした。


まずは、メーターケーブルからオイル漏れを起こしたMOVEの修理。

とりあえず、メーターパネル裏とミッションケースからケーブルを外してケーブルをチェック。

所々、オイルの滲み、シールの痛みらしきモノが見られるが、なにぶん初めて診る箇所。

とりあえず、漏れたオイルの掃除と各部のチェックを行い、組みなおし。これで暫く様子をみて、再びチェックすれば、症状の進行が解るだろう。



そして、MTB。

まずは、HUT COUGARのタイヤローテーション。
メーカー推奨のローテーでのRideはひとまず終了。次は、タイヤの向きを変えた時の特性変化の確認。

チューブレスレディなので、シーラントをこぼさぬよう、注意して作業。といっても、極めて簡単♪


さらに、OIZ-UFOのリアサスユニット交換。

MANITOUとFOXではユニットのアイレット径が異なるため、リンク周辺も共に交換。
新しいリンクにブッシ類を挿入、各部の摺り合わせをして組み付け完了。

さらに、ステム長を100mmから110mmに変更。
ハンドル位置を2cmほど上げるコトでバーが少し手前に来てしまうため、ステム長を伸ばすことに。

このポジション変更に至った経緯はまたの機会に…



これで、ひとまず、作業の宿題は完了。GW残り2日、あとはシッカリ走らねば…CA340003CA340011  
Posted by miyagi_man at 23:58Comments(0)TrackBack(0)

May 02, 2011

暦通りの…

6388aeb2.jpg…GW. 人手の薄くなりがちな、GWの土曜も、今年は出社。

ま、飛び石休暇の方が、練習するには適していますから…(←ちゃんと練習すれば、のハナシですけど)


雨模様の昨日は、一家で長谷寺へ。


参道のお土産屋さんを物色しながら、お散歩。雨が降ったり止んだりの天候のためか、人出は少なめ。
クルマもほとんど通らないので、わが息子もひとりで、テクテク歩いて回っていた。


そして、最近、神様の前では手を合わせてお辞儀をするコトを覚えたらしい…  
Posted by miyagi_man at 23:39Comments(0)TrackBack(0)