April 21, 2008

自転車乗りの花見。

53e6382b.JPG

 4月下旬になり、桜もそろそろ散りかけてきました。

 街中では殆ど散っているけど、山はまだピンクの花を付けている木々が多くある。

 「花見」といえば、一般社会では、ゴザ敷いて酒やツマミ、バーベキューという所だろう。

 そんな花見も悪くは無いが、オイラは余り好まない。

 

 桜の季節といえば、シーズンイン直前のとても大切な時期。とても花見なんてする余裕は無かった。山に入っても桜の木なんて目に入ることなく、黙々と練習メニューをこなすだけだった。

 

 最近になって、ようやく、いつも自転車に乗って走っているコース、場所の景色をじっくりと感じることができるようになった気がする。

 Blogの更新をしていなかったけど、実はここ最近の週末は、MTBとROADで様々な桜を観に出かけていました。

 サイクリストの特権は、一箇所に留まることなく、桜の木を求めて、自由に移動できること。クルマでは後ろからクラクションを鳴らされるような、ゆっくりとした速度で、木々を眺められる。

 時には、ピンク色のトンネルの中で自在にバイクをコントロールする悦びを存分に感じることができる。

 

 自転車に乗っていて、本当に良かったと思う瞬間がここにもあった。

 



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/miyagi_man/51330908
この記事へのコメント
まだ桜が見られるなんて良いですねえ!

先日自分は江戸川サイクリングコースを走ったのですが、こちらは菜の花の
黄色とタンポポの黄色が綺麗でしたよ。
新緑と黄色のコントラストが良かったです。

6月1日に富士ヒルクライムに参加するのですが、昨年のタイムを上回れる
よう頑張ってきます!!
Posted by HIRO at April 22, 2008 10:32
HIROさんお元気そうで!

 桜は先週で終わりかな…しかし江戸川のタンポポと菜の花、キモチよさそうですねぇ…。
 荒川と違って江戸川は少し開放的な雰囲気が有るような気がするのはオイラだけかな?

 6月1日の富士は健闘を祈っています。ちなみにオイラは多分、富士見です。ってどっちも「富士」ですね。
Posted by miyagi_man at April 24, 2008 00:35