July 31, 2008

最後の佐野坂

9e1338d5.JPG

真夏の祭典(?)J戦・佐野坂が終わりました。

 今回の大会は、多くの仲間や知り合いが集まって(といってもJ戦ライダーはみんな知り合いみたいなモンだけど)同窓会のような雰囲気でした。

 連絡を取る手段がなくて、しかし今何しているのかなーと思っていた方と運命の再開をしたり、いつか同じクラスを走ろうゼ!と約束していた仲間と、ようやく同じ時間を戦った。
 ずっと、オイラのフィードをやってくれた恩人達に、今までの感謝を込めてフィードゾーンから戦いを見守った。

 数あるシリーズ戦の会場の中で、最も長く開催されている、白馬・佐野坂は、それだけ思い出もたくさんある会場。

 

 DHとXCをダブルエントリーした年。(トラックとバスでスタート地点に向かったね)

 今より、もっと上まで上っていたXCコース(信じられないね)

 奥のシングルトラックで転んで膝を打ち付けたままレースを走って、松葉杖にお世話になったり。

 灼熱のコースを、エリート初レースながら好走する宇●川選手の走り。

 大会の前に、幾度と無くコース攻略の為に合宿をしたり、日帰りで往復した。

 佐野坂大会のために、暑さ対策と称して冬場から積極的にサウナに入ったり。

 

 佐野坂は、正直、余り良い成績が出せていないコース。でも、こんなに思い入れがあるのは、それだけ多くアシを運び、轍を刻んだからでしょう。

 

 来年から白馬でのJ戦は、スノーハープ(長野五輪XCスキー会場)へ会場を移すことになるそうです。
 最後の佐野坂で、懐かしい仲間達が終結し、お互いの轍を刻めたことに、何ともいえない感動を覚えます。

 今回、残念ながら佐野坂大会へ参加することができなかった皆さん、来年からは新しい会場である「スノーハープ」で新たな轍を刻みましょう。

 

 

 


 



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/miyagi_man/51413551
この記事へのコメント
佐野坂のレースはいかがでしたか? 
臨場感たっぷりのレースレポートも楽しみに待っております。

今回で佐野坂が最後になるとは知りませんでした。
無理をしても出場すれば良かったなあ、と少し後悔しております。
自分もジャパンシリーズの中では一番参加回数が多かった会場だけに、少し
寂しい気がします。
ただ、次回からのスノーハープでも宿泊は佐野坂でO.K.ですよね。

僕もまだしぶとく続けますよ!!
Posted by HIRO at July 31, 2008 09:34
HIROさん、まいどです。

 そーなんですよ、佐野坂スキー場での開催、今年が最後なんて思ってもみませんでした。
 永きにわたって開催されていた会場なので、思い入れの強い会場という人も多いみたいですね。

 スノーハープは佐野坂スキー場から1Kmちょいなので、宿泊エリアは変わらないと思います。

 お互い「しぶとく」行きましょう!
Posted by miyagi_man at August 04, 2008 00:03