June 19, 2011

日本のMTB大会のルーツ…

朝から雨が降ったり止んだり。

ここ4日ほどRideをお休みしていたので、今日こそは走らねば…!

せっかく積み上げてきたモノが、また崩れてしまう。


MTBに乗りたい所だが、グッと堪えてROADで家を出る(←別にROADが嫌なワケじゃありません。単にMTBに乗りたいだけ)



行き先は、ずっと気になっていた、あの場所。

そこは、日本で始めてMTBの大会が行われた場所とのこと。その頃、どんな大会が、どのように開催されたかは知らないけれど、MTBに関わる人間として気になるところ。

地図で場所を確認すると、あらまぁ…何度もROADで通り過ぎていた所じゃないの(笑)
CA340010













「南大河原」

当時、ゴルフ場の造成が中断された場所で赤茶けた土から「グランドキャニオン」と呼ばれていたらしい。
今はゴルフ場が完成し、温泉もあるリゾート施設になっている。
CA340011







細い農道を、リゾート施設の看板を頼りに進んでゆくと、やがて眼下には、綺麗に整備された芝生と建物が見えてきた。
駐車場にはクルマが沢山入っていて、結構な賑わいの様だ。

しばし、ここで繰り広げられたであろう、MTBイベントを想像。

実際のところ、とても広い所で、ほかにも整地されている場所があるので、ホントに今見ている所が、イベント会場かと言われると、定かではない。

それでも、この地から日本のMTBイベントの歴史が始まり、その地に立っていると思うと何だか感慨深い。


時折、小雨が降る中のRideは、登りで熱した身体にはむしろ心地良い。


都合4H、3ACTIONを1ボトル、補給ナシのRideでした。



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/miyagi_man/51901253