July 20, 2011

Belgian@一周目

f2ccc4b3.jpg

アルコール度数=9% に惹かれて、、、

「Straffe Hendrik Tripel」

専用グラスが無いのでCHIMAYを拝借。←あとでチューリップ型のグラスが良かったと後悔…

 

「フルーティーな香りのなかにカラメルのような濃密風味もあり。コクがあり苦味が広がり余韻が長く続く…」


と、云うのがこのBeerの特徴とのコト。


自転車乗り的感想:
踏み出しは決して軽さを感じず、登坂でも特に軽快さは無い。

しかし、微妙に吹いている向かい風、3〜4%程度のダラダラ登りにおいて、何だか微妙に進む感じ。

瞬発的な加速感よりも、中速域で、ジワジワと加速させてキモチ良い自転車のよう。

若さ任せたアタック合戦をあからさまにやるのではなく、ジワリ…ジワリ…と差を付けて、峠の上で涼しい顔して後続を待つような、オトナのBike的味わい…

 

…あくまでも個人の感想です(笑)



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/miyagi_man/51909786
この記事へのコメント
なんかクロモリ臭がしてくるんですけど
しかもラグ組みのホリゾンタルフレームみたいな、、、

チネリ スーパーコルサあたりでしょうか、、、
(あくまで個人の感想です)

これってビールのハナシですよね
Posted by harry at July 21, 2011 16:50
>harryさん
クラシカルな乗り心地なんですが、マテリアルと技術は最新。

そうだなぁ…FOCOなんかで組んだCyclo車で23Cロードタイヤを履いてパスハントしていたら、ひと踏みの「伸び」に気持ちよくなってしまい…

速く走る気は無かったが、気が付いたらサンデーレーサーをカモっていた…

みたいな。
Posted by miyagi_man at July 24, 2011 01:12